トップ > 岩盤浴トップ > 良くあるご質問 > Q.水分の補給で気をつけることは何ですか?

Q.水分の補給で気をつけることは何ですか?

岩盤浴ではたくさんの汗をかきます。今では「岩盤浴=いい汗」というイメージが定着しています。最近では、「すぐ汗のかけない施設はよくない」というような間違った印象をもつ人もいるようです。しかし、岩盤浴の作用は汗のみで説明されるのではないのです。誤解しないようにしてください。

むしろ、汗をかくことの弊害もあります。それが「脱水」です。岩盤浴でかく汗はもちろん水です。大量に汗が出るということは、たくさんの水分が体から失われるということです。

人間の体は60兆個もの細胞で構成されていますが、その細胞に栄養分を運搬したり、逆に老廃物を排出したりしているのが、血液などの体液つまり水です。人間の体の60%以上つまり、体重50キロの人の30キロが水ということです。岩盤浴では、時には1リットルから2リットルくらいの汗をかくこともあります。2リットルは、50キロの人の6%の水分が失われたことと同じです。

脱水は体にどのような変化を与えるのか?

2%失われると、のどの渇きがでます。3%失われると、あたまがぼーっとしてきます。4%では、体温が急激に上昇して、尿量が減少し、疲労困憊し、イライラなどの精神症状がでます。

5%では、頭痛が生じ、熱にうだってきます。6%では、呼吸困難となり、めまいも生じ、言語が不明瞭となります。8%では、身体が動揺し、痙攣が生じます。11%では、血液の循環不全が生じ、20%以上では、確実に死亡してしまいます。

以上の全過程で、動脈硬化や高血圧、糖尿病といった基礎疾患がある人は、脱水で血液濃度が濃くなり、どろどろ血液になることで、心筋梗塞や脳梗塞の危険性が高くなるのです。かように脱水は危険なのです。ですから、50キロの人が岩盤浴で2リットルの水分が失われたにもかかわらず、水分補給をしなければ、上記の6%の症状、つまり呼吸困難となりめまい生じ、ロレツも回らなくなってしまうのです。

岩盤浴では、入浴前、休憩時、入浴後、の少なくとも3回は、水分補給をする必要があるのです。

まず入浴前に水分を摂ることが大切です。量的には、できれば500ミリリットルくらい摂りたいのですが、喉が渇いていない時にそのような量を飲むことは不可能で、しかも一気に飲んでも吸収ができないので、その半分弱の200~250ミリリットルを入浴前にゆっくりと飲みます。その後、休憩時に、200~250ミリリットルを飲みます。

休み処での休憩中にもチビチビとこまめに飲むのもよいでしょう。入浴後には、さらに200~250ミリリットルを摂取します。このような万遍ない水分摂取をしたなら、まず脱水症状をきたすことはないでしょう。

 

陽翠おたすけ治療院

不眠・肩こり・腰痛等を即、改善したい方へ

陽翠おたすけ治療院
詳しくはこちら

岩盤浴コンテンツ

携帯用ホームページ

http://yousui.net/bath/i/
※QRコードを撮影して携帯用ホームページ(岩盤浴)にアクセスできます。

陽翠ブログをチェック

RSS表示パーツ