トップ > 岩盤浴トップ > 汗かき健康豆知識 > 不妊症患者と岩盤浴

不妊症患者と岩盤浴

これは私個人の考えですが「岩盤浴で不妊症が改善する可能性は十分にある」と考えています。

第一の理由は、岩盤浴で「ホルモンの分泌機能が調節される」ことです。

岩盤浴に通っている女性から、岩盤浴で生理不順や生理痛が改善してきたという言葉をよく聞きます。

それは、岩盤浴のホルモン系(特に女性ホルモン)への作用と関係しています。岩盤浴の温熱作用はお腹を暖めて深部温をやや高めに設定します。卵巣や副腎皮質といった内分泌器官はやや高めの温度の時の方が機能が亢進するからです。

もうひとつは、ホルモンの分泌を調整する大元のセンターは、脳の視床下部というところにあります。この中枢が体温調節中枢と隣り合わせにあるのです。岩盤浴でよい汗をかき慣れてくると、体温調節中枢の機能が正常化してきて、そのことが同時に隣のホルモンの中枢も働きやすくしてくれるのです。

不妊症の原因のひとつに「内分泌因子」というものがあります。脳下垂体前葉、視床下部、副腎皮質、甲状腺、卵巣等からの内分泌機能の障害がある場合には不妊を招きます。岩盤浴がこの内分泌機能を調節して、妊娠しやすくなる可能性があるのです。

 

第二の理由は、岩盤浴の「血行促進効果」です。

岩盤浴の温熱作用が、代謝を高め、全身の血行を促進するのは周知の事実です。子宮領域の血行が促進されると排卵が促進され不妊症が改善されることは、不妊症の専門外来で「レーザー治療」が施されていることからも推察されます。

不妊症に対するレーザー光線照射療法では、太陽光線に近い光線を腹部に照射して血行が促進されることで排卵誘発を期待する療法です。岩盤浴でも血行は十分促進されるのですから、レーザー療法と同様の作用を期待してもバチはあたらないでしょう。

ですから、不妊症で悩んでいる女性は、腹部の卵巣や子宮の血行を盛んにする目的で主に「うつぶせ」の体位で入浴するのがよいでしょう。

 

第三の理由は、岩盤浴の遠赤外線が「卵子の移動を助ける」ことです。

岩盤浴の遠赤外線の作用は、共鳴振動という一種の運動エネルギーです。隣り合う細胞の分子を動かすことで「摩擦熱」を起こさせるのです。この運動エネルギーが、(これも私個人の推察ですが)卵子を卵巣から出やすくしたり、卵子の通り道の卵管を移動しやすくする可能性があります。

不妊症の一番多い原因は、「卵管因子」といって、卵管が狭窄したり、癒着したりして、卵巣から出た卵子が卵管にうまく摂取できないことです。岩盤浴の遠赤外線の共鳴振動が卵管通過性を高めているのかもしれません。同時に卵巣からの排卵を促進する可能性も否定はできないでしょう。

 

第四の理由は、岩盤浴の「リラクゼーション効果」です。

よく、住まいを変えて気分一新した時や、旅行先でリフレッシュした時などに妊娠しやすいという話を聞きます。実は、自律神経が失調したり、緊張状態にあると、先ほどの卵管の筋肉が連続的にけいれんを起こしやすいのです。

卵管けいれんをしている卵管は、当然ながら卵子が通りにくくなり、不妊症の原因ともなります。岩盤浴に入浴した後の爽快感が自律神経のバランスを整え、卵管機能を正常化することで不妊症が改善することは考えられるでしょう。

 

以上の4つの条件が重り合うなら、岩盤浴が妊娠の可能性を高めることは十分ありうることです。

陽翠おたすけ治療院

不眠・肩こり・腰痛等を即、改善したい方へ

陽翠おたすけ治療院
詳しくはこちら

岩盤浴コンテンツ

携帯用ホームページ

http://yousui.net/bath/i/
※QRコードを撮影して携帯用ホームページ(岩盤浴)にアクセスできます。

陽翠ブログをチェック

RSS表示パーツ